パソコン利用動向調査

ジャストシステムさんが公にした「インターネットに関する利用動向調査」の結果などによって、“若者達のパソコン離れ”の潮流が浮き彫りとなっていることが、インターネット上で取り沙汰されています。 ココのリサーチは、同社が15~69歳の男女1100人を対象としておこなったアンケート調査(期間:2014年9月29~10月2日)。

10月10日のジャストシステムの発表によると、スマートフォンを利用している人に「いろいろな媒体におけるプライベートでの1日の視聴・閲覧平均的時間」を聞き及んだところ、15~19歳の若者の“パソコンでのインターネット活用時間”は88.2分であったという。2013年9月の同調査だと143.9分だったことと対比させると、約3分の2以下とずいぶんと少なくなっていることがわかる。

このような結果はプライベートでの視聴・閲覧時間を表しているが、スマートフォンが広まった近頃、デスク仕事無しの10代の若年層からすれば、パソコンは必要がないと言えるのかもしれない。ソーシャルネットワーキングサービス上では、 「パソコンって丸っ切り会社勤めの人対象デバイスの状態になったのではないでしょうか。一般人消費者はスマートフォンでほぼすべてのことできてしまうから、パソコンのニーズが激的にダウンしてきてる」「この点は事実としてそう。あらかたのことはスマートフォンで完成してる。1週間の内パソコンの電源を入れるのは土・日曜日のみだ」 という意見が高まっているのだ。

これとは別に、 「ドラック&ドロップに戸惑ったり、フォルダやディレクトリ、保存の意図が理解できない学生が増加してきたよ」(原文ママ)「現代風の若年層はソフトウェアの機能をうまく使うことができない人が相当いる」 とパソコンだからこそできる操作や機能を扱えない若年層が珍しくなくなったことを唱える意見もたくさんあがっています。加えて、キーボードにおいても、「もうキーボードを使う事のできない若い人がいっぱい出現中」などというような指摘が見られるが、 「長文の文字入力でさえ, 近頃の若年層はソフトウェアキーボードを巧みに自在に操作していますから, パソコン 何だろうみたいな感じだそうです」 といった意見もあって、スマートフォンの進化でパソコン機能が代替していることもあるらしいのだ。

ご時世にしたがって激変する“パソコン”事情。フロッピーディスクやトラックボールマウスとか、見かけ無くなったパソコングッズは多数存在する。ひと昔以前は“喫茶店でビジネス”ことなども信じられなかったはずだ。最近のティーンエイジャーがおとなになる頃合いでは、もっと斬新なビジネススタイルが登場してきていることと思います。

パソコン利用動向調査」への1件のフィードバック

コメントを残す