月別アーカイブ: 2014年10月

パソコンリサイクルの手段についてご存知であろうか?

パソコン無料回収 年中無休!日時指定OK!

機械的な不具合だけじゃなくOSが時代遅れになったことによって、PCの入れ替えも不可欠ですが、使い倒したPCを何もしないで不要物という形で廃棄することは許されない。

PCリサイクルについては、増加するばかりのPCをしっかりとした再資源と位置付けて活かすことを狙って2003年10月に施行が行われた「資源有効利用促進法」にもとづいて実施されている。

不用品になってしまったPCを製造元が引き取り・処理を行なうことで、無駄のない再資源化を目論んで定められた。

引き取り行うべき製造元が存在しない自分で組み立てたパソコンについては、PC3R推進センターが有料で引き取りを行なっている。

PCのリサイクルを行なう場合には、前もって製造元にお願いして「エコゆうパック」の伝票を送り届けて入手します。

それを使わなくなったPCにつけて郵便局に持ち込むか家まで集荷を頼んでください。

引き取り済みの不必要なPCがユーズドPCとなって活用されることはありません。

再資源化センターへ運び込み後、解体されて原材料それぞれに再資源となって利用されることになります。「資源有効利用促進法」の手直しなどによって、企業より廃棄が行なわれる不要パソコンの引き取り・再資源化につきましては製造元の義務と変わった。

自宅用PCリサイクルというものは一連の流れに違いが出てくるので、気をつける必要があります。PCのリサイクルとなりますと気掛かりなのは、何をおいてもデータの漏えいに違いありませんね。

HDDには記録保存されていますプライベートデータなんかは断固として他の人にバレてはならない。ではありますが、データをゴミ箱にお払い箱にして削除を行ったり、リカバリーCDをもちまして工場出荷のコンディションにしても、データは完璧に消え去っていません。スペシャルなソフトでデータ回復が可能であるのです。そこで、有料の専門ソフトウェアやサービスを利用することでデータを消し去るか、HDDディスクをひとまず抜き出して物理的に粉砕してしまうとデータ漏えいを抑止するのに効果的である。けれども、リサイクル施設に引き取りされたPCからの情報漏えいにはそれほどデリケートにならずとも大丈夫そうと考えられる。何故かと言うと、分解したPCのHDDは破壊処理が施されてデータの復元はすることができない状態を生むからなのです。

気に掛かるPCリサイクルの料金ではありますが、PCリサイクルシールが貼られたPCは製造元負担としてリサイクル可能である。PCリサイクルシールというものはただの一度でもはがしてしまった場合無効になるため気を付ける必要があります。PCリサイクルシールが見当たらないPCについては、回収再資源化料金を使用者が負担をしないといけません。製造メーカーがあれば3,150円程度、自分で組み立てたPCやいまでは無くなった製造元のものは4,200円が相場とされている。

パソコン利用動向調査

ジャストシステムさんが公にした「インターネットに関する利用動向調査」の結果などによって、“若者達のパソコン離れ”の潮流が浮き彫りとなっていることが、インターネット上で取り沙汰されています。 ココのリサーチは、同社が15~69歳の男女1100人を対象としておこなったアンケート調査(期間:2014年9月29~10月2日)。

10月10日のジャストシステムの発表によると、スマートフォンを利用している人に「いろいろな媒体におけるプライベートでの1日の視聴・閲覧平均的時間」を聞き及んだところ、15~19歳の若者の“パソコンでのインターネット活用時間”は88.2分であったという。2013年9月の同調査だと143.9分だったことと対比させると、約3分の2以下とずいぶんと少なくなっていることがわかる。

このような結果はプライベートでの視聴・閲覧時間を表しているが、スマートフォンが広まった近頃、デスク仕事無しの10代の若年層からすれば、パソコンは必要がないと言えるのかもしれない。ソーシャルネットワーキングサービス上では、 「パソコンって丸っ切り会社勤めの人対象デバイスの状態になったのではないでしょうか。一般人消費者はスマートフォンでほぼすべてのことできてしまうから、パソコンのニーズが激的にダウンしてきてる」「この点は事実としてそう。あらかたのことはスマートフォンで完成してる。1週間の内パソコンの電源を入れるのは土・日曜日のみだ」 という意見が高まっているのだ。

これとは別に、 「ドラック&ドロップに戸惑ったり、フォルダやディレクトリ、保存の意図が理解できない学生が増加してきたよ」(原文ママ)「現代風の若年層はソフトウェアの機能をうまく使うことができない人が相当いる」 とパソコンだからこそできる操作や機能を扱えない若年層が珍しくなくなったことを唱える意見もたくさんあがっています。加えて、キーボードにおいても、「もうキーボードを使う事のできない若い人がいっぱい出現中」などというような指摘が見られるが、 「長文の文字入力でさえ, 近頃の若年層はソフトウェアキーボードを巧みに自在に操作していますから, パソコン 何だろうみたいな感じだそうです」 といった意見もあって、スマートフォンの進化でパソコン機能が代替していることもあるらしいのだ。

ご時世にしたがって激変する“パソコン”事情。フロッピーディスクやトラックボールマウスとか、見かけ無くなったパソコングッズは多数存在する。ひと昔以前は“喫茶店でビジネス”ことなども信じられなかったはずだ。最近のティーンエイジャーがおとなになる頃合いでは、もっと斬新なビジネススタイルが登場してきていることと思います。